都電荒川線の路線図や料金、観光やグルメなど紹介

投稿者: hobby 投稿日:

都電荒川線は東京に唯一残っている都電であり、東京都交通局のホームページ内にて必要な情報が公開されています。現在は東京都交通局によって「東京さくらトラム」という愛称が決定されました。三ノ輪橋駅から早稲田駅まで30駅、およそ12キロを運行しています。沿線には花の見所と歴史や、文化が残された名所や古い商店街などの、東京都の遺産とも言えるスポットが数多くあります。2011年からはマスコットキャラ「とあらん」が生まれました。

都電荒川線の路線図

都電荒川線の線路図は、東京都交通局ホームページ上部の「都電」ボタンをクリックし、移動したページ右の「路線図」ボタンから更に移動します。移動後は東京さくらトラム(都電荒川線)の路線図が表示されます。緑色の駅が停車駅で、三ノ輪橋から以下の順番で早稲田駅までを運行します。6・7分間隔で運行しており、全駅でおよそ1時間の道のりです。
三ノ輪橋・荒川一中前・荒川区役所前・荒川二丁目・荒川七丁目・町屋駅前・町屋二丁目・東尾久三丁目・熊野前・宮ノ前・小台・荒川遊園地前・荒川車庫前・梶原・栄町・王子駅前・飛鳥山・滝野川一丁目・西ヶ原四丁目・新庚申塚・庚申塚・巣鴨新田・大塚駅前・向原・東池袋四丁目・都電雑司ヶ谷・鬼子母神前・学習院下・面影橋・早稲田

都電荒川線の料金


都電荒川線の料金は、東京都交通局ホームページ上部の「都電」ボタンからページ移動し、画面右側にある「運賃・乗車券・定期券」ボタンでもう一度移動したページに掲載されています。利用できるのは普通運賃・定期券・割引運賃・乗車券・シルバーパス・都営交通無料乗車券・払い戻しとなっています。シルバーパス(都内在住の特定の収入以下・必要書類あり)や都営交通無料乗車券(都内在住の身体障害者・知的障害者・生活保護世帯向け)、乗車券(回数券や1日乗車券などの観光利用が多い)は特定の条件を満たして入手が可能になる乗車券で、殆どの人は普通運賃や定期券を利用することになります。きっぷが存在せず、利用時は設置されている料金箱に料金を入れます。大人は170円・子供(中学生以下)は90円となっています。同伴の小児は二人まで無料です。ICカードでの支払いも可能となっているため、料金分の小銭がない場合は、ICカードを利用すると便利です。

都電荒川線の観光

都電荒川線を利用して観光に行く場合は、まず一日乗車券を購入すると運賃の心配をせずに観光することが出来ます。一日乗車券は400円で、全ての都電荒川線駅の乗り降りが可能です。人気の場所は飛鳥川公園(飛鳥山駅すぐ)や荒川自然公園(荒川二丁目駅すぐ)といった駅近くの公園ですが、国指定重要文化財である「晩香廬」(飛鳥山駅)や「青淵文庫」(飛鳥山駅)といった場所も多いことが特徴です。非常に観光地としてめぐりやすい場所があるため、仏閣や博物館・公園などのスポットごとや、駅をある程度絞り込んでから観光する方が無難です。東京都交通局のホームページでも、沿線ガイド「ぴっくあっぷ」という冊子と動画が用意されており、その時期のおすすめの場所が掲載されています。庚申塚駅は巣鴨商店街がある場所です。

都電荒川線のグルメ


庚申塚駅ホームには居酒屋である「御代家」と甘味処「いっぷく亭」という代表的なグルメスポットがあります。この様に少し変わったグルメが、都電荒川線には数多くあります。飲食店紹介サイトで紹介されているだけでも、飲食店は270件以上が存在しているため、こちらも駅数や駅から何分以内の店舗などといった制限を予め決めておきます。全駅徒歩5分以内でも美味しいお店は数多くあります。

喫茶店や店先の軽食などもあれば、しっかりとしたランチを食べることが出来る和洋の飲食店が並んでいる場所です。又立ちのみの居酒屋が昼・夕方5時からオープンしており、おでんをつまみとしてゆっくりとお酒を飲むことも可能です。まさにグルメの激戦区でもあります。
お土産のグルメでは、梶原駅の「都電もなか」が購入できます。都電の駅をイメージしたパッケージと、車両のパッケージに入ったモナカは人気お土産の1つなのです。

まとめ

都営荒川線では、最初に1日乗車券を購入し、行きたいところまで行って歩き回るという観光方法が一般的です。観光名所が非常に多く、公園から文化遺産といった幅広い施設であることが特徴です。沿線には軽食を取り扱う喫茶店や、比較的早い時間から回転している飲み屋、ガッツリと食べることが出来る飲食店と多彩なグルメもあります。路線図だけでは全く予想できない観光地やお土産などが並んでいるため、数件を決めて絞り込むか、下調べをして全ての駅を制覇するかは個人差です。
車窓からは全駅に渡って、ボランティアの人達によるバラが植えられています。このバラの見頃は5月中旬から6月上旬、そして10月中旬から11月上旬の2回あり、どの駅からもバラを楽しめます。時期頃には「バラ列車」という車両も用意されます。

 

カテゴリー: Uncategorized