宅急便 料金の比較。サイズやゴルフバック、スーツケースについて解説

宅急便 料金の比較。サイズやゴルフバック、スーツケースについて解説

荷物を送る際利用する宅急便。
現在多くの運送会社があり、料金やサービスも各社様々にあります。
その中でも大手といえば、日本郵便のゆうパック、ヤマト運輸、佐川急便(飛脚宅急便)を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。
今回はこの3社の宅急便の料金比較、メリットとデメリットについて詳しく掘り下げ解説していきます。


宅急便で送る荷物のサイズのはかり方

まずは荷物のサイズを測ってみましょう。
荷物の縦・横・高さの3辺の合計の大きさと荷物の実重量を比較し、大きい方のサイズの扱いになります。
通常配送の荷物には大きさと重量に制限があります。
大きさは、ヤマト運輸・飛脚宅急便は160cm以下、ゆうパックは170cm以下。
それ以上は対応するサービスになり料金が変わります。
重量は、ゆうぱっく・ヤマト運輸は25kgまで、佐川急便の飛脚宅急便は30kgまでが通常の宅急便となります。
それ以上の重さになると対応するサービスになり、こちらも料金が変わるので注意しましょう。
また、発送・到着エリアによって料金が変わります。


宅急便大手3社の料金と比較


では、料金を比較してみましょう。
各社の料金を正しく比較する為に、ここでは発送地を全て東京にしてあります。

・ゆうパック・料金

自宅からの集荷・全国の郵便局・ゆうパックの取り扱いをしているコンビニエンスストアからも利用する事が出来ます。
サイズは60?170サイズ、重量は25kgまで対応、それ以上は重量ゆうパックとなります。

 

・ゆうパックの料金

60~170サイズ、25kgまで対応
→東京  800?2,300円
→北海道 1,280?2,800円
→東北・関東・信越・北陸・東海 850?2,370円
→近畿  950?2,480円
→中国・四国 1,080?2,590円
→九州 1,280?2,800円
→沖縄 1,330?3,000円

・ゴルフゆうパック

サイズは60?120cmまでと、120cm以上・重量が30kg以上のものとで対応します。
ゆうぱっくの基本運賃と同額の料金で、 120cm以上・重量が30kg以上は140サイズの基本運賃と同額です。
ゴルフゆうパックは郵便局への持ち込みや往復利用で最大360円お得になる割引制度もあります。
使用前日から逆算し、10日以内に差し出して下さい。

・スーツケース

スーツケース専用のメニューはないので、通常の配送料となります。
また空港の指定カウンターにスーツケースや旅行鞄を届けるサービスがあります。
料金は基本運賃+640円。尚、140サイズ以上は160サイズの基本運賃+640円です。

ヤマト運輸・料金

ヤマト運輸の宅急便は自宅からの集荷・取り扱い店・コンビニエンスストア・直営店・宅配ロッカーから利用できます。
サイズは60?160サイズ、重量は25kgまで対応しており、それ以上のサイズ・重量のものはヤマト便の対応となります。

・宅急便 ヤマト運輸の料金

→関東  907~2,030円
→北海道 1,339~2,462円
→北東北(青森・秋田・岩手) 1,015~2,138円
→南東北(宮城・山形・福島) 907 円?2,030 円
→信越・北陸・中部 907 円?2,030円
→関西  1,015 円~2,138 円
→中国・四国 1,123 円~2,246 円
→九州 1,339 円~2,462 円
→沖縄 1,339 円~4,082 円

・ゴルフ宅急便

ゴルフ宅急便の利用には専用のカバーが必要です。直営店で購入するか、セールスドライバーに依頼しましょう。
サイズは60?120サイズ、それ以上は140?160サイズの取り扱いとなります。
料金は関東→関東の片道で907円+専用カバー代?1,814円+専用カバー代となります。
関東→関西の片道の場合で1,015 円+専用カバー代~1,922円+専用カバー代となり、サイズや地域により異なります。
プレイ2日前(一部地域は3日前)の発送閉め切り時間までに差し出して下さい。
往復利用の場合、1個につき100円引きとなります。

・スーツケース

ヤマト運輸にはスーツケースなどの手荷物をホテルなどの宿泊施設へ届け、面倒な手続きなしで自宅へ届けることが出来る便利な往復宅急便があります。
サイズは60?160サイズまで対応します。
料金は関東から関東の往復だと1,614?3,860円。
関東から関西の往復で1,830?4,076円となり、サイズや地域により異なります。
宿泊2日前(一部地域は3日前)の発送締切時間までに差し出して下さい。
また、かさばる荷物を自宅と空港の往復で送るサービスもあります。
サイズは60?160サイズまで対応しており、料金は配送料+空港へ送る際の手数料648円が含まれています。
例えば、関東から羽田空港へは1,555?2,678円で、こちらもサイズや地域により運賃は異なりますのでご注意下さい。

佐川急便・料金

佐川急便の宅配便は飛脚宅配便です。
サイズは60?160サイズまで対応していますが、各サイズにより対応する重量がありますのでご注意下さい。
例 60サイズは2kgまで、80サイズは5kgまで、100サイズは10kgまで等
それ以上のサイズ・重量の場合は飛脚ラージサイズ宅急便を使用します。
発送は最寄りの営業所または取次店へ持ち込むか、担当営業所へ集荷を依頼することになります。

・飛脚宅配便 料金

→関東 756?2,031円
→北海道 1,188?2,463円
→北東北(青森・秋田・岩手) 864~2,139円
→南東北(宮城・山形・福島) 756円~2,031円
→東海・信越・北陸 756円~2,031円
→関西 864円~2,139円
→中国 972 円~2,247円
→四国 1,080?2,355円
→北九州・南九州 1,188 円~2,463 円
→沖縄 1,339 円~4,082 円
※離島へは中継料金が発生します。本州?沖縄本島へは飛脚航空便となるので料金が異なるため、現在は他社に比べ料金が割高になります。

・ゴルフ宅急便

飛脚宅配便でもゴルフバッグやスーツケースなどのレジャー用品を利用日前日までに、指定のゴルフ場やホテルへ届けるサービスがあります。
専用のカバーもあり、1430×690サイズのゴルフバッグ専用ケースは540円、ボストンバッグやスーツケースのカバーもあります。
運賃は飛脚宅配便と同じで、別途料金は発生しませんが、遠隔地の場合は飛脚航空便の利用となり、料金が変わります。

・スーツケース

ホテルなどの宿泊地へ送る場合は上記の項目を参考にして下さい。
また、佐川急便にも宅配便で手荷物を空港へ送ることができます。

このサービスはwebサイトからも申し込みが必要となりますので、詳しくは佐川急便の公式サイトをご確認下さい。

 


各社サービス比較

料金

通常の宅配便の場合、圧倒的に飛脚宅配便が安くなります。
しかし飛脚宅配便には重量制限があり、サイズの料金よりも配送料が高くなる場合があります。
重量が制限より重い場合はゆうパックの方がお得になるでしょう。

配送日数

関東から関東の場合、各社ともに翌日に到着します。
関東?関西は大きな差もなく、各社ほとんど変わりなく使用できるでしょう。
ただし離島の場合は異なりますので、法人としての利用や食品など期限があるものを送る際には、各公式サイトで詳しく調べることをおすすめします。

割引サービス

・ゆうパック

ゆうパックは窓口へ持ち込む事で持ち込み割引として1個につき120円の割引が適用されます。
また、同じ宛先に送る場合、差し出し日が1年以内のゆうパックラベルの控えを添えて差し出す事で、1個につき60円の割引が適用されます。
他にも複数口割引(同一宛先に2個以上差し出すと1個につき60円引)やゆうパックスマホ割アプリを利用すると、1個につき180円の割引を受ける事が出来ます。
このスマホ割アプリは郵便局で受け取ると100円の割引、前月までの1年間で10個以上の配送がある場合は10%の割引を受ける事が出来ます。
ゆうパックの割引は同時に使用できる出来ない物がありますので、注意して下さい。

・ヤマト運輸 宅急便

ヤマト運輸にはクロネコメンバー割という割引サービスがあります。
クロネコメンバー割というヤマト運輸独自の電子マネーがあります。
このプリペイド式電子マネーに事前にチャージしておく事で、支払がワンタッチで済む他、宅急便の料金が割引になります。
クロネコメンバー割(チャージ単位1,000円) 10%引
クロネコメンバー割BIG(チャージ単位10,000円) 15%引
他にもデジタル割、持ち込み割、クロネコメンバーズの持ち込み割を利用する事でさらにお得に利用できます。
クロネコメンバーの場合、これらの割引を利用することで他社よりも安い配送料になることがあります。

・佐川急便 飛脚宅配便

佐川急便の個人利用の割引は他社に比べると少ないかもしれません。
個人で佐川の営業所へ持ち込んだ場合、荷物1個につき100円の割引があります。


対応サイズ

通常の宅配便の対応サイズについてはゆうパックが170サイズまで対応している点で優位といえます。
重量はゆうパック、ヤマトともに25kgまでの中、佐川急便では30kgまで対応しているので覚えておくと良いでしょう。

 

まとめ

ゆうパックは60?170サイズ、25kgまでが通常のゆうパックで対応する事が出来ます。
スマホ割アプリや同一宛先、持ち込み割引などが充実しており、配送料を安くする事も出来ます。
ヤマト運輸の宅急便は60?160サイズ、25kgまでが通常の宅急便で対応出来ます。
他社に比べ配送料が高い印象がありますが、ヤマト運輸のプリペイド式電子マネークロネコメンバーズを利用することで、最大15%の割引を受ける事が出来ます。
さらに持ち込みなどの割引サービスを利用する事で、通常よりもかなり配送料を抑える事が出来るでしょう。
佐川急便の飛脚宅配便は60?150サイズ、30kgまでの対応が出来るので、重い荷物を送るときに便利です。
各サイズに指定重量の制限がありますが、ここをクリアできればゆうパックより配送料を安くする事も出来るでしょう。
個人で利用できる割引サービスは営業所への持ち込み割引があります。
スーツケースやゴルフなどの配送サービスも各社行っています。
ゆうパックは基本運賃と変わらないので、ほとんど同額で利用する事が出来ますが、日数がかかる場合があります。
佐川急便も同様ですが、こちらはお届け先により空輸を行うこともあり早く届ける事が出来るといったメリットもありますが、中継料などが発生することもあるので注意して下さい。
また、ヤマト運輸はクロネコメンバーズの利用の場合割引を利用する事が出来たりなどのメリットがあります。
用途、送る荷物の中身、日数、費用など、利用者の目的や希望に合わせ、宅配便も使い分けるのが一番お得になるでしょう。