支店コードの検索方法、都市銀行の支店コードについて解説

支店コードの検索方法、都市銀行の支店コードについて解説

都市銀行や全国銀行協会に所属するような広域な営業エリアを持つ地域の有力地方銀行などは、その支点の多さのため、支店名の他に支店コードによって支店を管理しています。
また、支店数が少ない金融機関であっても口座に振り込みを行う際の支店を指定する際に支店コードを用いて数字で支店を指定することが珍しくありません。
しかし、この支店コードは各金融機関によって異なる数字であったり、いざ記載しようにも分からない場合も少なくありません。
自分の口座であっても時に忘れたり、知らない場合もあります。
そもそも支店コード自体を知らないということもあるのではないでしょうか。
そこで今回、支店コードとは何かを説明し、都市銀行における支店コードについて触れつつ、都市銀行や地方銀行の支店コードの検索方法についてお話します。

 


支店コードとは何か


支店コードは冒頭でもお話したように店舗に割り当てた三桁の数字です。
この三桁の数字は各金融機関が支店のみならず本店にも割り当てていることから、別名「店番合」または「店舗番号」とも呼ばれています。
主に銀行のキャッシュカードや通帳に印字されており、それを見ることで確認することができるようになっています。
用途としては、ネット銀行へログインする際や、振り込みを依頼する際、または口座自動振替の申込等の口座情報が必要な場合に、口座番号とともに使用します。
番号の法則性はなく、必ずしも本店が「001」というわけではありませんし、002番が欠番でいきなり003番になっていたり、ショッピングセンターなどに入っている支店だけ頭の番号が他の支店と違っていたりなど各金融機関によって設定方法が異なります。
ネット銀行に至っては本店が存在しないことも少なくないため(むしろない方が多い)、更に法則性は各金融機関によって異なります。
それでも、カードや通帳で簡単に調べることができるので、自分自身で利用するには簡単に知ることが可能です。
通帳の場合は店番合などの欄に書かれていますし、カードの場合は銀行のカードの下にあるたくさんの数字のうち、一つ目のハイフンの後、「金融機関コード-支店コード-口座番号」の形で記載されています。
ただし、自分の口座でない場合は後述する検索方法によって調べることが可能となっています。

 


支店コードと金融機関コードとの違い


金融機関コードはどこの金融機関かを表す4桁のコードで、支店コードはその金融機関のどこの支店かを表す3桁のコードです。
支店コードは各金融機関によって各金融機関の自由意思によってある程度設定が可能ですが、金融機関コードに至っては全国の有力銀行が加盟する全国銀行協会内にある金融機関共同コード管理委員会が制定しています。
なぜなら金融機関コードは全国銀行データ通信システムと呼ばれる銀行間のお金のやり取りを行う際の認識番号として非常に重要な役割をしているためです。
こちらにはある程度の法則性があり、例えば都市銀行であれば番号帯0001~0032を使用(例えばみずほ銀行は001)、新たな形態の銀行(ネット銀行やイオン銀行など異業種が運営する銀行)であれば番号帯0033~0049を使用し、有力地方銀行などは番号帯0116~0199を使用し、その他の地方銀行にも設定があります。
このほかあらゆる金融機関に付与されていますが、消費者金融や一部の証券会社には付与されていません。
ちなみに日銀は000となっています。
このように全国的な取り決めとして設定されている金融機関コードに対し、自前で設定してる支店コードという違いがあります。

 


都市銀行や地方銀行の支店コードの検索方法

金融機関コードの検索方法とそれらの支店コードの検索方法は一度に調べることが可能となっています。
基本的に民間の外部サイトによる検索が便利です。
これらのサイトを使うと銀行名を検索するとまず金融機関コードを知ることができ、そこから各支店の支店コード一覧を見ることができます。
これらの方法以外にもその金融機関の公式サイトの店舗検索などで該当する本支店を見ることによっても支店コードの確認が可能となっています。
最初に民間のサイトで支店コードを確認したら、支店名をもとに公式サイトの店舗検索を行うと二重の確認が可能となりますから、確実です。
このように支店コードを知ることができます。
また、ネットに接続できない環境であっても各金融機関へ直接電話をかけて確認するという手段も最悪の場合になりますが、可能となっています。

まとめ

支店コードは支店名の記載ミスによる誤った取引を防ぐために有効な手段です。
ただし、カードや通帳を持っていないネット口座のみの方や他の方が振り込みを行う場合はネットで検索を行ったり、問い合わせるなどして調べるという手間がかかります。
ただ、似ている名前の支店は広域な銀行ほど増えてくるため、コードによる管理は安全面においても有効な手段であると言えます。