新幹線の空席を調べる方法やおススメのアプリについて

投稿者: hobby 投稿日:

お盆時期や年末年始の旅行帰省の時期は、新幹線がとても混雑しています。
自由席だと長時間座ることもできずとても大変です。
混雑時期は指定席を予約すれば座席を確保できるので長時間の移動でも快適に過ごすことができるので利用するかたも多いと思います。
そこで旅行や帰省の日程を立てるときに、新幹線の空席状況を確認する必要があります。
そんな時のために、新幹線の空席状況の調べ方をご紹介していきます。

全国の新幹線の空席状況がわかるサイト

<JRサイバーステーション>

新幹線の指定席の空席案内 新幹線の運転状況の検索 JR各社ホームページへのリンクがあるサイトです。
乗車月日 乗車時刻 乗る列車 乗車駅降車駅を入力すると列車名 発着時刻
空席状況が〇空席有り△残りわずか×満席で表示されます。
乗降駅逆転ボタンがあるので帰りの空席もすぐに検索でき便利です。
全国の新幹線の空席状況をとても簡単に検索することができます。

しかしどの座席が空いているかまでは表示されません。またこのサイトからは座席の購入や予約ができません。
JR各社のホームページなどから予約する必要があります。
このサイトはアプリもありません。
そしてこのサイトはPC用なのでスマートフォンからは見にくいのが難点です

しかしこのサイト一つで全国の新幹線の空席状況が確認できるのでとても便利です。
会員登録をすることなく使用できるので手軽ですし、取り敢えず空きがあるかどうか?を調べる際にはとても重宝するサイトです。

空席状況と切符の予約ができるサイト


<えきねっと>

JR東日本エリアの新幹線 特急券の空席状況を調べることができます。
えきねっとの会員登録をすると全国の新幹線、JRの特急列車をインターネットからすぐ予約できます。
年会費などは無料です。シートマップ対象列車の場合は座席も選ぶことができます。
東北 北海道 上越 北陸 秋田 山形新幹線は区間によって料金が安くなったりもするので
これらの路線に乗ることがわかっていればえきねっとを使用するのが良いでしょう。
スマートフォンを使用しているとアプリが便利ですが、えきねっとは公式アプリはありません。

 

<e5489>

山陰、九州新幹線(新大阪?鹿児島中央)北陸新幹線(金沢?東京)とJR西日本 JR四国 JR九州エリアの特急列車の空席状況を確認できます。
予約する際には会員登録が必要になります。
会員登録は年会費無料でJ-WESTネット会員の登録が必要です。
山陰九州新幹線 北陸新幹線はトクトクきっぷがあり格安に乗ることができます。この区間の新幹線によく乗る方は登録をお薦めします。

このサイトにはJ-WESTQuickというJR西日本の公式アプリが対応しており、e5489のログイン画面、時刻運賃検索へ素早くアクセスしてくれます。

 

<EX予約 スマートEX予約>

東海道 山陰新幹線の予約ができるサイトです。
スマートEXは会員登録が必要ですが年会費無料 EX予約はJ-WESTカードの申し込みが必要になり、会員登録が必要になります。
EX予約は年会費1080円がかかります。EX予約は会員価格でお得に新幹線を利用できます。
予約の変更も何度でも手数料無料でお得なのでよく東海道山陰新幹線を使う方にはお薦めです。
スマートEXもEX予約も公式のスマートフォンアプリがあります。

 

<JR九州列車予約サービス>

九州 山陰新幹線を中心にJR九州 JR西日本の特急列車を予約できるサイトです。会員登録をすると予約購入をすることができます。
年会費は無料です。
予約の際はシートマップから希望の座席を選ぶことができます。
ネット限定のきっぷがありお得です。
こちらのサイトも公式のスマートフォンアプリがあります。
アプリは列車の予約機能をメインにしているのでこの区間の新幹線をよく利用するかたは便利です。
また、アプリを気道してスタンプやポイントをもらえたりプレゼント企画があったりと楽しめます。

 

<きっぷる>

全国の新幹線の切符を購入し自宅に届けてくれるサイトです。
会員登録不要で切符を購入することができます。
クレジットカードだけではなくコンビニ、銀行振込での支払いも可能です。
買った切符は自宅や職場に届けてくれます。
会員登録せずに空席状況を確認してくれますし、そのまま予約することができます。
しかし、送料がかかることが難点ですし、今すぐ新幹線に乗りたいなどの時は不向きです。

まとめ

 

このように新幹線の空席状況を確認することができるサイト、アプリがいろいろあります。
取り敢えず空席状況を確認したいだけならば、全国の新幹線を網羅しているJRサイバーステーションが一番お薦めではあります。
空席状況を確認の上そのまま予約購入をしたいのであれば、JR各社が提供しているサイトやアプリを使うのが便利です。
特に特定の路線を使う頻度が多いのであれば、アプリをダウンロードすると更に便利になります。
しかし会員登録の手間があったり、サイトによっては年会費がかかります。
それぞれのニーズに合わせて選ぶのが良いでしょう。

またネットだけではなく、JR窓口でも空席状況は確認するができます。
ネットが使えないときは窓口を訪ねて見てください。

カテゴリー: Uncategorized