名古屋市営地下鉄の路線図、時刻表や料金、定期券について

投稿者: hobby 投稿日:

 

名古屋市内の公共交通機関の代表格としては地下鉄が挙げられるでしょう。どのような路線があり、料金はいくらなのか、無線LANはつながるのか、こういったことをご説明いたします。

 

名古屋市営地下鉄の路線

名古屋市営地下鉄には6つの路線があります。

東山線
高畑駅と藤が丘駅をつなぎ、名古屋駅、栄駅も通る最も乗降客数の多い路線です。平日は終日女性専用車両が編成されています。

名城線
金山駅、栄駅、大曽根駅などを巡る環状線となっているのが最大の特徴です。ナゴヤドーム前矢田駅や名古屋大学駅もこの路線に所在します。平日の朝には女性専用車両を運行しています。

名港線
金山駅と名古屋港駅を結んでいます。名城線との直通便が運行されることもあります。

鶴舞線
上小田井駅と赤池駅との間を結ぶ路線です。名古屋鉄道と相互乗り入れしており、上小田井駅からは名鉄犬山線そして赤池駅からは名鉄豊田線と直結しています。

桜通線
中村市役所駅から徳重駅までの間を運行しており、途中名古屋駅も発着します。

上飯田線
平安通駅と上飯田駅との1駅区間路線で、上飯田駅以北の名鉄犬山線に直結する役割を果たしています。

路線図については公式サイトのほか、駅構内や営業中の車内でも見ることができます。相互乗り入れや直結している他社路線も含めた路線図を掲載しているものもあります。

名古屋市営地下鉄の主な駅

名古屋駅
東山線と桜通線が発着しており、JR、名鉄、近鉄、名古屋臨海高速鉄道あおなみ線の乗換駅です。また、JRセントラルタワーやミッドランドスクエアなど超高層建築物、大規模商業ビルなどが付近に多数あり、名古屋だけでなく中部地方で最も繁栄しているエリアに所在する駅です。

栄駅
東山線と名城線が発着しています。三越、松坂屋などの大型小売店や名古屋テレビ塔、錦三地区など観光・レジャーのスポットの多いエリアにあります。また名鉄瀬戸線の栄町駅がすぐ近くに所在しています。

金山駅
名城線と名港線が発着しており、JRと名鉄に乗り換えることもできます。中部国際空港(セントレア)からは鉄道では名鉄が運行していますが、名古屋駅ではなくこの金山駅で地下鉄に乗り換える利用者も多くいる名古屋の南の玄関口と言えるエリアです。

大曽根駅
名城線が発着しています。ここからJR、名鉄、名古屋ガイドウエィバスに乗り換えることができます。乗り換え後は瀬戸市や高蔵寺(春日井市)など名古屋のベッドタウンへと向かう路線が多いです。また、ここから徒歩でナゴヤドームに向かわれる人も見られます。

 

名古屋市営地下鉄の運行ダイヤや料金など

名古屋市営地下鉄の運行ダイヤは、時刻表として公式サイトや駅構内で閲覧することが可能です。おおよそ午前5時台から翌日午前0時台まで運行しています。正月3が日に限っては終日ダイヤが編成されます。
平日と土日祝では運行時刻が異なるので時刻表で確認しておきましょう。

 

名古屋市営地下鉄の料金に関して

名古屋市営地下鉄の乗車料金(片道)については2018年7月現在において200円、240円、270円、300円、330円の5区間設定となっています。区間は営業キロ数による区分けです。子供は半額(ただし10円未満切り捨て)です。往復割引は現状はありません。
鶴舞線や上飯田線に関しては名鉄との相互乗り入れがある為に別途適用料金が設けられています。
各駅間の具体的料金に関しては公式サイトもしくは駅で知ることができます。
障害者割引があります。
また、一日乗車券が販売されています。名古屋市交通局が運行するバスと地下鉄の全線、地下鉄の全線、土日祝限定のバスと地下鉄の全線、これら3タイプを購入することができます。

名古屋市営地下鉄の定期券に関する説明

名古屋市営地下鉄を利用できる定期券は、乗車券と電子マネーを一体化したカード「マナカ」として販売されています。駅構内のマナカ対応券売機で購入することができます。ただし、学生定期券、割引定期券は駅長室(上小田井駅と上飯田駅をのぞく)と交通局サービスセンターでの販売となります。
また、マナカを初めて入手する場合は別途500円の預かり金が必要です。
他にJRや名鉄など他社線との連絡定期券もあります。

 

 

名古屋市営地下鉄の駅の整備ついて

乗降客が利用できる通信手段や構内の安全対策についてその一部をご説明します。

携帯電話での通話
現状では全線・全駅で通話可能となる整備が施されています。

無線LANの利用環境
上小田井駅と上飯田駅を除く全ての駅にアクセスポイントが設置されています。
利用可能な無線LAN事業者としてはドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3社が含まれていますが、ソフトバンクに関しては現状では利用できない駅があるので注意する必要があります。
MVNO端末等の場合は、NAGOYA Free Wi-Fiなどを介して無線LANを利用することができます。

可動式ホーム柵の整備

ホーム下への転落や列車との接触を防止する目的で可動式ホーム柵を設置している駅があります。
現状では東山線(全駅)、桜通線(全駅)、上飯田線(全駅)に設けられています。公式サイトによると名城線と名港線に関しては2020年度設置に向けて整備をすすめているとされています。

 

まとめ

名古屋市営地下鉄は1957年開業という歴史ある地下鉄で名古屋市民のみらなず市外から訪れてくる多くの人々の足の役割を長きにわたり担っています。以降、他社線との乗り入れなど旅客の利便向上を重ねており、安全対策も順次進められています。
この地下鉄ならびに同じ市交通局運営の市バスが市内各所を細かく網羅しており今後も重要な移動手段としての活用・発展が期待されます。

 

カテゴリー: Uncategorized