阪急電鉄の運行状況や時刻表、路線図や運賃について

投稿者: hobby 投稿日:

阪急電鉄は、阪急阪神ホールディングスの子会社の大手私鉄であり、略称は阪急と呼ばれています。本社は大阪府大阪市北区で、「宝塚歌劇団」の運営もしている企業です。大阪梅田・神戸・宝塚・京都を結んでいる鉄道であり、現在は公式ホームページとTwitterにて、運行や観光に関した案内やお知らせを発信しています。特にTwitterでは観光案内を中心に告知しており、「中の人」による交流や、お知らせについての解説がメインです。またホームページで利用できるのは、日本語の他英語・中国語・韓国語です。ここでは阪急電鉄の運行情報や時刻表、路線図と運賃についてをまとめています。

阪急電鉄の運行状況をしりたい


阪急電鉄の運行状況は、阪急電鉄の公式サイトメインページの上部や公式アプリで公布されています。公式サイトはパソコン版とスマートフォン版サイトが存在しています。公式サイトから運行状況を知るには、メイン画面のメニューボタンの下にある「現在の運行状況」という赤いボタンの横に書いてある文章から確認することが出来ます。20分以上の電車の遅れが発生した場合に表示されるため、過去の遅延を知りたい場合は、赤いボタンの横に書いてある文字をクリックすることで表示されます。

運行状況は4時30分から25時の間で、20分以上の遅れが、阪急電鉄線内にあった場合のみに表記されます。
リアルタイムで運行情報を知りたい場合は、阪急電鉄のスマートフォン公式アプリ・TOKKをダウンロードすることで、現在の電車の位置がわかるようになっています。運行情報の通知の他、現在電車の車両がどのあたりを走っているのか、次の電車の直近発車時刻の検索機能を使うことも出来るようになります。延着証明書もこちらで受け取れます。

 

阪急電鉄の時刻表をしりたい


阪急電鉄内にある駅の時刻表は、阪急電鉄の公式サイトの上部にある「線路図・駅情報」にある「駅名一覧」から時刻表を検索することが出来ます。利用するときは「駅名一覧(各駅紹介・というページに移動します)」のあいうえお順一覧から、知りたい駅名か時刻表という文字をクリックすることで、時刻表を見ることができる方面と平日・土休日の時刻表を選択できます。あとは行きたい駅方面の時刻表を、平日か土曜休日のどちらからか選んでクリックします。
時刻表はホームページでの表記(文字)か、PDF方式(アイコン)か、クリックする部分で異なります。
スマホの公式アプリでも、駅情報から時刻表を確認することが出来るようになっています。お気に入り登録することでいつでも好きなときに、利用する駅の時刻表を確認できるようになりました。

 

阪急電鉄の路線図と運賃について

阪急電鉄の路線図に関する情報は、ホームページの「路線図・駅情報」ボタンにある「路線図・駅情報」から検索が出来ます。路線図からの検索なので、駅名がうろ覚えの時も検索しやすくなっています。またアプリでも「路線図」を選択することで、路線図が表示されます。
運賃についてはメイン画面右側にある「運賃検索」か、「ダイヤ検索」で「出発駅」と「到着駅」の名前を両方入力すると、その距離に必要な運賃が表示されます。定期券と団体券が知りたい場合は、「運賃検索」からのみ検索を行なえます。
スマホの公式アプリで検索したい場合は「ダイヤ検索」で、パソコン版ホームページと同様に、出発・到着する駅名を両方入力することで検索することが出来ます。

まとめ


阪急電鉄の運行や時刻の情報などは、パソコン版では阪急電鉄公式ホームページから、スマホでは阪急電鉄が配信している公式アプリ「TOKK(トッコ)」にて確認することが可能です。ダウンロードはAppStoreかGoogle Playにて無料で配信されています。

スマホ版アプリには、運行情報・駅情報・ダイヤ検索(時刻表や料金の検索)・路線図・延着証明書の発行が出来る他、お出かけ情報やイベントの掲載・クーポン配信といった限定コンテンツも利用することが可能となります。他にもカレンダーや駅リストからの検索・お気に入り登録での記事ストック・通知で予定を知らせてくれるリマインダー機能といった機能も併用できるため、パソコン版のホームページでは何度も情報を入力していた作業を簡略化できるようになっています。必要となる路線図や、乗換案内といった情報が豊富に用意されているため、旅行時にも非常に有用となるアプリです。

紹介されている駅情報では時刻表の他にも、駅構内のバリアフリーの情報や駅で利用できるサービス施設の情報が掲載されています。掲載されているのは、ごあんないカウンター・定期券販売所・授乳室、ATMの他、バスやタクシー乗り場の情報が掲載されています。特にアプリを利用して乗車案内を検索する場合は、他にも近くで利用できる公共の移動手段と組み合わせて、乗車の駅を検討をするという使い方もあります。

 

カテゴリー: Uncategorized