フランフランの店舗や通販、ラグやソファーなど商品についてについて解説

フランフランの店舗や通販、ラグやソファーなど商品についてについて解説

フランフランは、株式会社Francfrancが運営する家具・インテリア雑貨を中心に販売するお店です。デザイン性の高い商品や、目的が無くても立ち寄りたくなる可愛らしく清潔感のある店舗が目を惹き、特に若い女性たちに人気があります。新しい家に引っ越した時や部屋の模様替えをするときに、フランフランで一通り揃えたという人も多いかも知れません。
本社は東京都にあり、日本全国で80店舗以上展開しています。1号店は東京の天王洲アイルに1992年にオープンしました。


フランフランの店舗

フランフランの店舗は、北は北海道から南は沖縄県まで展開しており、その多くは大型のショッピングモールや商業ビルにテナントとして構えています。また、香港にも6店舗を出店しています。
特にショッピングモール内の店舗においては、多くの人々が立ち寄り賑わっている光景がよく見られます。また、単に自宅で使用する商品の購入のためだけではなく、展示してある家具や照明のレイアウトを参考にするためであったり、モデルルームやモデルハウスで使用する食器などを探しに来店する人も多いようです。お手頃な価格でギフト用商品も販売しており、「悩んだらとりあえずフランフランで探す」という人も多いかもしれません。


取扱商品について


取扱商品は主に、ソファー・ベッド・テーブル・チェア・カーテンなどの家具、タオル・ハンカチ・布団カバー・クッション・ラグなどのファブリック、食器・ポット・テーブルクロス・ランチョンマットなどのテーブルウェア、シャンデリア・間接照明・ペンダントライトなどの照明器具、アロマオイル・キャンドルなどのアロマグッズ、ポーチ・ミラーなどのコスメ雑貨、傘やレインウェアなどの雨具など、室内・室外ともに利用できるアイテムがたくさんあります。誕生日プレゼントや記念日にぴったりギフト用商品もあります。
フランフランでは新しい商品が次々に店頭に並び、訪れるたびに初めて見る商品と出会う楽しみもあります。大きな商品や重い商品は宅配便で自宅まで配送してもらうこともできますので、ふと立ち寄ったときに購入したくなった商品があっても安心です。


通販サイトについて


フランフランにはオンラインショップもあります。店舗で販売している商品と同じものも多いですが、店舗では売り切れてしまった商品やオンラインショップでのみ割引されている商品などもありますので、実店舗を訪れる前に一度オンラインショップを覗いてみたり、店舗で買えなかったものを検索してみるもの良いかもしれません。また、オンラインショップでは商品をカテゴリー別に探したり、お買い得商品を一覧で見たりできますので、実店舗が近くにない人や実店舗で探す時間があまり取れないという人には大変便利なサイトになっています。
オンラインショッピングでは、雑貨アイテムの合計金額が5000円以上の場合は送料が無料になります。家具や大型の商品については別途送料がかかる場合がありますので、購入時にはよく確認するようにしてください。
なお、購入商品をギフト用にラッピングしてもらえるサービスもあります。「無料ラッピング」と表記されている商品については、ラッピング料金無しで対応してもらえます。その他は有料で432円(税込)になります。
支払方法はクレジットカード、デビットカード、代金引換、フランフランギフトカードから選ぶことができますが、大型の家具等の場合は代金引換を利用できないことがあります。フランフランギフトカードを利用する場合は、支払方法選択の画面でカード番号等を入力することで利用可能になり、支払額がギフトカードの残高より上回っている場合の差額はクレジットカード払いになります。


クーポン券の入手方法


フランフランでは、誕生日月の前月の末日までに会員登録するとをバースデークーポンとして5%割引のクーポンが手に入ります。スマートフォンを持っている場合はフランフランの公式アプリから、あるいはフランフラン公式サイトからも登録することができます。バースデークーポン以外にも、メールマガジン購読の登録をしておくと不定期にクーポンが配信される場合があります。
クーポンには有効期限がありますので、使用する際には期限内であるか確認しましょう。また、オンラインショッピングでは5000円以上の注文で送料が無料になりますが、クーポンを適用して合計額が5000円未満になった場合は送料が発生します。

まとめ

フランフランではこれまでにフランフラン以外にも複数のブランドラインを展開していましたが、2017年からフランフランに一本化することを発表しました。一本化することでブランドの幅が狭まるのではなく、これまで若い女性向けの可愛い雑貨店というイメージから、男性や家族の方にも使ってもらえるようなボーダーラインの無いブランドとして成長していくようです。ますます生活の中にフランフランの商品が増えていきそうです。