ドン・キホーテの店舗、チラシや通販、取扱商品について

投稿者: hobby 投稿日:

ドンキホーテとは全国にチェーン店を展開する総合ディスカウントストアです。まるで迷路のように入り組んだ店舗の中には、見ていて興味が沸いてくるような手書きのポップや商品が上手に配置されています。その取扱商品は様々で一度に買い物を済ませられる利便性があります。

また、独自のオリジナルブランドの商品なども販売しているのでその取扱商品の種類はとても豊富です。今回はそんなドンキホーテのことや魅力ついても様々な角度から説明していきたいと思います。

ドンキホーテの取扱商品について

ドンキホーテでは主に食品、家庭雑貨、キッチン雑貨、美容・健康用品、衣料品、家電、インテリア・家具・寝具、スポーツ・アウトドア用品、車・自転車用品、ペット用品、バラエティ用品などといったジャンルの取扱商品があります。これらの取扱商品を基盤にして、独自のオリジナルブランドの商品なども扱っています。

独自ブランド商品には、通常商品と同様の種類の商品を取り扱っています。通常の商品と何が違うのかというと、安さと安心を追及していることです。コスト削減で製造されたオリジナル商品は、お客さんの意見なども取り入れて作られた安心のブランド商品です。

最近では格安のノートパソコンなども、オリジナルブランド商品として販売されています。このように、毎日の生活の中であるといいなと思うような商品から、安くて使える便利な商品なども数多く販売されています。

ドンキホーテのチラシについて

ドンキホーテのチラシは新聞などの折り込みチラシとして手に入るほか、インターネット上でのwebチラシというものもあります。新聞などの折り込みチラシの場合は、土日などの休みの日や、クリスマスやお正月といったイベント時期などにたくさんの商品が掲載されていることが多いです。

また、チラシには数量限定の商品や格安の商品などが掲載されている場合があるので要チェックです。他のお店よりもはるかに安く売られている商品があることもありますので見逃さないように目を配っておきましょう。また便利なシステムとしてのwebチラシを上手に活用することでお買い物がさらに便利になります。

webチラシに関しては、ドンキホーテの公式ホームページからwebチラシのリンクを開くと、各店舗のwebチラシを見ることが出来ます。またイベントなどが開催されている場合は、各店舗のイベント状況などを把握することが出来ます。webチラシにおいて一つ注意しなければいけないことがあるのですが、掲載されているクーポン券や割引券などは複製不可となっていますのでコピーをしても使用することは出来ないので気をつけてください。

また、スマートフォンなどのアプリでドンキホーテのアプリを利用するとお得なクーポンをもらえます。

ドンキホーテの店舗及び通販について

ドンキホーテの店舗は2017年6月30日の時点で、グループ店や海外の店舗数も含めると368店舗存在します。内訳を見てみると、国内におけるドンキホーテの店舗数が198店舗、海外がハワイに1店舗です。残りはグループ店となっています。もともと1989年に東京都府中市にドンキホーテ1号店が誕生してから右肩上がりに店舗数をどんどんと増やしていっています。お客さんの来店数も上がり、2017年頃には1億人を突破しています。こちらも店舗数と同様に右肩上がりに来店数が増えて2016年頃には3億人を突破する快挙を遂げています。

これからも店舗数、来店数はどんどんと増えていくことが予想できます。後、ドンキホーテはエリア別で見てみると、主に関東地方に集中して店舗が存在しています。若い人が多く集まるという特徴を持つお店でもあるからです。

このように様々なエリアに店舗を構えるドンキホーテですが、とても便利でうれしいサービスがあります。それは購入した商品の配送サービスなどを行っていることです。全国のエリアで配送サービスが可能ですので、重たくて家まで運べないような商品でも安心なシステムです。

そして以前までは、ドンキホーテオンラインショッピングモールとして公式通販サイトからのお買い物が利用することが出来たのですが、残念ながら現在の時点では楽天市場とヤフーショッピングのサイトでの利用のみとなっています。こちらでは主に美容用品やコスメ類などを取り扱っております。

 

まとめ

このようにドンキホーテにおける取扱商品からチラシや店舗、通販などに関して説明をしてきましたが、ドンキホーテでは常に時代の流れとともに事業を展開しており、様々な年代の人たちから愛されて利用されてきました。それは常に利用するお客さんの立場に基づいた顧客最優先主義の考え方から来ています。利用するお客さんの声に常に耳を傾けて、それを上手にフィードバックさせてきた結果が現在のドンキホーテとしての企業の大きさといえます。既存の商品だけではなく、自己ブランドの商品も併せて展開していく姿勢は、様々な企業の鏡とも言えます。

 

カテゴリー: Uncategorized